teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:42/295 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

山の家より

 投稿者:店主のkenta90  投稿日:2015年 5月 7日(木)08時55分38秒
  通報 返信・引用
  毎年参加していた5月3日のザよこはまパレードは去年で卒業、
おかげで友人との電話で明日からゴールデンウィークだと気がつく始末。
漠然と笠間の陶炎祭(ひまつり)と、銅版画家の上原修一氏の個展に行きたいと考えていたが、
いずれも連休中の開催なので、具体的な日程は決めていなかった。
そこへ飛び込んできた友人からの「ピザ食べたい!」の声。

というわけで日程を整理し、連休後半に約10ヶ月ぶりのピザパーティー開催の運びとなりました。
あまりにも急に決まったので、前もって練習&復習する時間がとれず、
ぶっつけ本番でのドッキドキのピザ焼きとなりましたが、まぁ概ねいい感じにいったのではないでしょうか。

焼いたのは全部で12枚。
この日のメニュー。

(1)マルゲリータ
(2)4種のチーズ
(3)きのこ
(4)サーモン
(5)ズッキーニ
(6)生ハム&ルッコラ。
(7)ゆで玉子
(8)ベーコン&ソーセージ
(9)ゴルゴンゾーラピカンテ&はちみつ
(10)アスパラレタスのドレッシングかけ
(11)照り焼きチキン
(12)バジル&オリーブ

使用したチーズ
ゴルゴンゾーラピカンテ(イタリア)
パルミジャーノ・レッジャーノ(イタリア)
ゴーダ(オランダ)
エメンタール(スイス)
モッツァレラ 北海道日高乳業(日本)

参加者は私も含めて6名。
皆さんパンパンのお腹をさすりさすり家路についていただきましたぁ!

写真1
1枚目のマリゲリータを焼くところ。
久しぶりのぶっつけ本番で、ピザ生地の成形の力加減を誤り四角くなってしまいましたが、
500℃弱の窯の温度調整がうまくいき、、投入1分ほどでモッツァレラがトロッと、生地はパリッと、
美味しそうにやきあがりました!

写真2
お腹いっぱい気味でペースが落ちてきた時に、強力な起爆剤になったゴルゴンゾーラピカンテ&はちみつ。
イメージ的にお菓子感は否めずなかなか焼いてみるチャンスがなかったが、食べてびっくり!
トロリと溶けたルゴンゾーラピカンテの塩っぱさとはちみつの甘さが、何とも言えない美味しさのハーモニー。
これははっきり言ってお菓子ではない!

写真3
12枚目で焼いたバジル&オリーブ。
生地に直接バジルソースを塗り、ゴーダとエメンタールをたっぷり削り落とす。
中央に黒オリーブの輪切り、周りにバジルの葉を散らし、パルミジャーノ・レッジャーノを削り散らす。
大人の雰囲気で締めてみました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:42/295 《前のページ | 次のページ》
/295