teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


とりあえず食べたいのは

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年 1月 8日(月)03時11分17秒
  たかやまさんこんばんは。
今年も(前回のタイトルだった)。
岩国にも飛行艇カレーというUS-2を売りにした商品があります。ネタが渋い。スーパーにも置いていますが売れるのかなあ。
再現レシピのレストランなら横浜や神戸を探せばあるのでは。大昔のでなくとも「さんふらわあ」のとか。ちゃんこ屋みたいに船出身の人が店を出して。味は忘れましたが急にすごく懐かしくなりました。
 
 

あけました

 投稿者:たかやま  投稿日:2018年 1月 7日(日)21時20分52秒
  こんばんは。
今年もよろしくお願いいたします。

買い物に行ったら、レトルトカレー売り場で
海軍カレーが三種類売っていました。
これを見ると氷川丸とかのレシピ再現とかもあってもよさそうですが。
靖国丸のすき焼きとか美味しそうですけど、
カレーほど買いやすい価格にはならないでしょうね。
 

今年もよろしく

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年 1月 1日(月)04時01分43秒
  たかやまさんこんばんは。
 呉のデータベースは前より検索しやすいよう考えたようで、検索画面に出せないものは仕方ないとしか言いようがないような状態になっているようです。あと、人の多い日は長時間の端末利用を断るようです。ともかく本を書く前にもう一度行っておけばよかった。何らかの形で訂正や追補をすべき部分もあるようです。海防艇も甲・乙とも図面がありました。乙型(101号型)は福井図ほどシアーにはっきりした折れ線がなかったように記憶しています。でも図面1枚打ち出すと300円かかるので、済んだネタのものは今回もらってこなかったのです。ちなみに端末のある4階の資料室は入場無料。当日はコピーだけで1万円以上使いましたが、下の入場料のかかるところは完全スルー。それもそれで贅沢な利用法ではあります。
 本の図面寸法ですが、身に覚えがなかったので調べたところ、初期のpdf画像データでは本来の値だったのがいつの間にか入れ替わっていました。地図のタイトルと同じパターンです。本の校正ってなぜかこういうもぐらたたきみたいな作業もあって、最後に残ると私の責任でもありますので当方が申し訳ないです。上の要目表でご確認いただきたく。
 

よいお年を

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年12月31日(日)21時31分50秒
  こんばんは。
呉海事歴史科学館、まだ色々と資料が出てきそうですね。
やはり駆逐艦本と並んで第2巻が期待できそうです(笑)
漠然と見学に行っても楽しめるのでしょうけど、
資料探しに行くなら、下準備が大事そうですね。
色々と実際に見てみたいものは多いのですが。

「護衛艦艇編」ですが海防艇「第101号」型の側面図を見ていて、
1/700全長がその上の海防艇「第1号」型と同じ、
76mmになっていました。
既出でしたら、申し訳ございません。
 

獲れる?

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年12月18日(月)04時00分21秒
編集済
  たかやまさんこんばんは。
強いて言えば柚木さんの波は、丁寧すぎて山脈のように見えることがあるかなと。炎もそうですが、細密さと躍動感の両立は難しいです。
PTは案外大きいんですよ。全長80フィートは特型の約20%で、当たった場所は前から15フィートぐらい。「天霧」は取舵で衝突したので、左舷側に目立った擦過痕などはなく、艇の後半は少し船体から手前側に離れています。芸術作品として描くなら手前に僚艇の一部や機銃員の背中でも足すといいのでしょうが、箱絵としてはまあこんなもんかなと。
12cm砲(を含むランナー)のばら売りは最初から検討対象になっていたようです。
 

獲れる狸になる?

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年12月17日(日)22時56分15秒
  こんばんは。
言われてみると背景が細かい部分や手前にある小型艦や曳船も
描き込まれていますね。
管理人さんの天霧の絵の構図だともっと手前にPTが来そうな感じでしょうか。

護衛艦艇本(で通じるのでしょうか?)見ていて思ったのですが
ヤマシタホビーさんが特型のときの様に、
睦月型の武装セットは販売してくれると
12cm砲関係でかなり楽になりそうな気がしました。
 

腹に入れば一緒・・・?

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年12月 9日(土)04時07分50秒
  たかやまさんこんばんは。
そうですね。とにかく柚木さんは画面の端から端まで丁寧に波を描くので、どちらかというと穏やかな波の方が画風に合っているのでしょう。全体のインパクトバランスが平均化される傾向があって意外と主題の艦船の印象が弱く、模型のボックスアートとのコンセプトの違いがわかりやすいです。ホテルとかのロビーに仰々しく飾っておく美術作品でしょう。だから世界の艦船別冊のような装丁ではちょっと雑な気もするし、でもお手頃価格で手に入る方がいいし。有名店の一流シェフが監修したレトルトカレーみたいな感じ。
 

買うのに色々な意味で覚悟が

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年12月 8日(金)21時17分20秒
編集済
  こんばんは。
柚木氏の絵は穏やかな海の印象が強いです。
大き目の波間の間を細かい波が満たしているみたいな。
一番嬉しかったのは画集がそれほど高くなかったことで、
地方でも通販で入手が容易だったのもありがたかったです。
一度だけ上田氏の画集を初めて入った古本屋で見かけたのですが
お店の高い棚に鎮座していて、手に取るどころか、
状態も不明で諦めた記憶があります。
子供の頃、模型屋で1/200大和の模型を見上げていた時と
同じ気持ちになりました(笑)
 

名作の条件

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年11月13日(月)20時26分47秒
  たかやまさんこんばんは。
 中国メーカーあたりには絶対消せない合わせ目とかの発生率が高いですね。何の気なしに組むと傾いていたとか。プラ材で手を入れる工作の場合はキットパーツの「型から抜きました」感をいかになくすかがポイントだと思います。特にエッジ出しと型抜き勾配の除去。舷窓の開け直しは自作電路との相性がいい工作でしょう。全体をなじませるという意味では、ブルワークの縁に0.25mmぐらいの面取りをするなどして、わざとキットパーツなのに自作臭い場所を作るみたいな裏技?も。意外と厄介なのがクリアパーツ。
 強いて言えば工具である程度腕をカバーできる場合もありますが、大体自分なりの作品に勝手にまとまるので、なんも考えずに手を動すのがいちばん健康的で合理的ではないかと。細密な未完成品より普通の完成品の方がはるかに値打ちがあります。だから手を動かしやすいのがお客本位のいいキットなのでしょう。ただ管理人の場合は、特別な場合を除き締切までに完成させないと怒られるというのがありますが・・・。
 

これが新時代

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年11月12日(日)21時15分27秒
  こんばんは。
ヤマシタホビーさんのキット、響1945で組み始めました。
パーツ分割がいい感じで組みやすいいいキットですね。
艦橋の合わせ目消しをどうするか少し悩みましたが
素直に組んでいけそうです。
最近のキットを組んでいなかったのですが
ここまで進化していたとは。
プラ材などで作った自作部品や
舷外電路をプラ材で再現すると馴染んでくれるか不安です。
でも、一番の問題は自分の不器用さです(笑)
 

レンタル掲示板
/113