teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


名作の条件

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年11月13日(月)20時26分47秒
  たかやまさんこんばんは。
 中国メーカーあたりには絶対消せない合わせ目とかの発生率が高いですね。何の気なしに組むと傾いていたとか。プラ材で手を入れる工作の場合はキットパーツの「型から抜きました」感をいかになくすかがポイントだと思います。特にエッジ出しと型抜き勾配の除去。舷窓の開け直しは自作電路との相性がいい工作でしょう。全体をなじませるという意味では、ブルワークの縁に0.25mmぐらいの面取りをするなどして、わざとキットパーツなのに自作臭い場所を作るみたいな裏技?も。意外と厄介なのがクリアパーツ。
 強いて言えば工具である程度腕をカバーできる場合もありますが、大体自分なりの作品に勝手にまとまるので、なんも考えずに手を動すのがいちばん健康的で合理的ではないかと。細密な未完成品より普通の完成品の方がはるかに値打ちがあります。だから手を動かしやすいのがお客本位のいいキットなのでしょう。ただ管理人の場合は、特別な場合を除き締切までに完成させないと怒られるというのがありますが・・・。
 
 

これが新時代

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年11月12日(日)21時15分27秒
  こんばんは。
ヤマシタホビーさんのキット、響1945で組み始めました。
パーツ分割がいい感じで組みやすいいいキットですね。
艦橋の合わせ目消しをどうするか少し悩みましたが
素直に組んでいけそうです。
最近のキットを組んでいなかったのですが
ここまで進化していたとは。
プラ材などで作った自作部品や
舷外電路をプラ材で再現すると馴染んでくれるか不安です。
でも、一番の問題は自分の不器用さです(笑)
 

再挑戦?

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年11月 9日(木)04時50分45秒
  かなやゆうきさん 粗野誉さんこんばんは。
 祝辞をいただくとは恐れ入ります。特集用に作ったわけでもない作例が頭に出て実感もないのがまた余計に恐縮で。次は少なくとも100号ぐらいまで表紙にのらないようにしないといけないか。
 NY5号で初めて特集用作例(「国洋丸」)を引き受けた時、気合入れて汚し塗装とかやったら他の人は普通に作っていて、変に浮いてしまったことがあります。自分ではやるだけやった満足感があった反面、全体からすればタンカーが変に出しゃばっているみたいにもとれて少々恥ずかしいところもあって。あれがきっかけでフジミが川崎型をキット化したので少しは報われましたが。
 スケールモデルの場合、ガンプラのように普通に形をいじるようなアプローチは避けた方がいい場合もあるので、「橿原丸」のような場合は本当に悩みます。キットの説明図を読むとデリックポストをクレーンマストと書いていたりして、これは単なる不勉強だなと思いつつやんわり「好みが入っている」と原稿に書いたわけですが、まあメーカーさんには誌面の何か所かに名前が出るぐらいでよしとしてほしいですね。今回は特集にアジャストするということで割り切って実船本位に振りました。フルスクラッチや「隼鷹」型からの改造を別に用意するのとどっちが良かったのか、いまだわかりません。
 この「春雨」はだいぶ気張ってますね。この調子ならもうしばらくすると急に霧が晴れるような爽快感が得られるかも。駆特がいい。
 

でもちょっともったいない?

 投稿者:粗野誉  投稿日:2017年11月 8日(水)19時38分39秒
   こんばんは。
 昨今のゲーム関連特集で新旧作例の出番が増えたなぁと思っていましたが、とうとう表紙進出とのこと、おめでとうございます。
 橿原丸は、私は最初空母キットの改造かとも思いましたが、舞台裏を見るとまた興味深いものです。
 写真はハセガワ駆逐艦の旧版供養(?)のプラクティスにと思って大手術したタミヤ春雨ですが、原型を激変させるアレンジには目指すところを見失わない節度が求められることに気付き苦闘しています。相手があることなら尚更大変かと思いますが。
 

記録途絶おめでとうございます?

 投稿者:かなやゆうき  投稿日:2017年11月 8日(水)15時28分21秒
  こんにちは。
管理人さんのフューリアスがNY36特集のトップを飾り、おぉ凄いと思っていましたが、その陰で歴史的記録の瞬間に立ち会う読者になれたという副賞がついてくるとは知りませんでした。

本の中身では知りえない出雲丸制作の苦労話等、本を読む上で数倍楽しめるので、これからも楽屋裏の話をお聞かせください。

 

崇無能

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年11月 6日(月)03時15分14秒
  たかやまさんこんばんは。
もう少し時間が取れればよかったのですが。そういえばホビーボスの商品は見ていませんでした。
パンフレットに次回はインテックス大阪と書かれていました。モデフェスとの関連がどうなるか微妙な感じ。
10月末にもヤマカガシと遭遇。色はきれいなのですが、もう3匹目で見慣れてしまい写真を撮らなかった次第。
 

あ、あめかむの?

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年11月 5日(日)21時01分59秒
  こんばんは。
大阪ホビフェス、貴重なお時間をいただきありがとうございました。
今回も岩重さんの絵が見れず、無念。
ホビーボスのアガメムノンは甲板上にタボ穴が無数残っていて、
リールなどの部品が未取り付けの様に思えました。
あんまり力入れていないのかな。

その他諸々のページのマムシの写真を見て
「な、何年もの? 」
と思ったのは私くらいでしょうか。
昔、近所の堰(小さなダム?)にある放水口で
丸まっていたのを思い出しました。
 

来場者増加?

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年10月29日(日)04時06分47秒
編集済
  たかやまさんこんばんは。
ヘタに雨でも降った日には・・・。静岡でも比較的入り口に近い場所なので慣れておられるとは思いますが。ちょうど「天霧」が発売直後のはず。今年はイラスト飾らないかなあ。
このイベント、さらにお客さんが増えてマイドームではだめだとなれば、ATCとの合同へ一歩進むのではと期待したいところ。

*追記 10/31現在「天霧」発売日が遅延になっている模様。
 

大阪ホビーフェス

 投稿者:たかやま  投稿日:2017年10月28日(土)20時24分43秒
  こんばんは。
会場の案合図など一通り出揃いましたね。
ヤマシタさん、入り口近くのいいポジションに(笑)
今回は物販スペースが一階になって、
二階全体を企業スペースになっているみたいなので
前回よりも見学しやすいかもしれませんね。
 

削りきってます

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2017年10月23日(月)05時39分20秒
  たかやまさんこんばんは。
海防艦はどちらかというと駆潜艇の親玉みたいなもんですからね。まさかその大砲はレプリカとか。しかしうちみたいにガセだと思っていたら本当に金鵄勲章だったみたいなこともあるので油断はできません。
ちなみに、私は今でもイラストの下書きで鉛筆を使いますが、カーボン紙がわりにもするので短くても支障なく、1本ほぼ使い切ります。
 

レンタル掲示板
/112