teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ア゜ーケットのハード・ロック・カフェで火事

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年10月19日(金)10時19分46秒
返信・引用
  昨日10月18日の早朝にプーケットのロハード・ロック・カフェで火事があったそうですね。
幸いに死者やけが人はなかったとか。
 
 

内閣改造

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年10月 1日(月)13時21分31秒
返信・引用 編集済
  野田内閣は今年になって3回目の内閣改造を行い、もう少ししたら改造内閣のメンバーが発表されるそうです。
噂によると文部科学大臣に田中真紀子さんが起用されるのだとか。
とうとう、野田内閣も末期症状なので多少毒になっても劇薬の服用が必要な段階に立ち至ったと思うのはタケチャンマンだけでしょうか。
それにしてもお気の毒なのは文部科学省の官僚たちですね。
すぐに代わるからしばらくのご辛抱を。
 

不埒な・・・・・・・・

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 9月12日(水)15時19分8秒
返信・引用
  民主党政権になってから、色々とこれはおかしいと感じる事件がありましたが、タケチャンマンがどうしても納得できないのが次の二つです。
*尖閣列島に上陸しようとした中国人活動家が海上保安庁り巡視船に煉瓦をぶつけて抵抗したにも関わらず、公務執行妨害で逮捕せず、法律違反はなかったとして強制退去処分にした。
*最高裁で現在の1票の格差は違憲状態だとの判決が出ているにも拘わらず、野田政権はこれを是正する法案を国会に提出せずに放置したまま国会を事実上の閉幕に追い込んだ。

今後、警官に些細な交通違反を問われた人が激昂してパトカーに物を投げつけて壊しても特に法律違反行為はなかったとして逮捕されないのだろうか?
同じ人が「明らかに違憲状態にあり且つ裁判所がそれを認めて是正判決を出しても放置されている」「だからまだ裁判所の事実確認もなされず判決も出ていないこんな些細な違反行為は当然放置すべきだ」と言い訳する事が認められるのでしょうか。

そんな不埒な事を妄想しながら、民主党と自民党の総裁選挙に関する茶番劇のテレビ報道を見ています。
 

ジャーナリストへの狙撃

 投稿者:青ちゃん  投稿日:2012年 9月 1日(土)13時47分42秒
返信・引用
  先日の新聞に政府側の兵士が拘束された際に上官から民間人よりジャーナリストを狙撃するよう指示されていたとの記事がありタケチャンマンのコメントに納得しました。  

山本美香さんの死亡について

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 8月28日(火)10時31分24秒
返信・引用 編集済
  危険なシリアの中でも政府軍が反政府側に対する攻勢を強めていて戦闘が激化し特に危険だと言われているアレッポで日本人フリージャーナリストの山本美香さんが取材中に銃撃されて亡くなりました。
山本さんが死亡直前まで撮影していた映像や同行していた記者の証言などからどうやら撃ったのは政府軍の兵士のようですが、遺体には銃弾が撃ち込まれた痕が全身に9カ所あり、それらの中でも首への銃弾が致命傷だったようですが、トルコでの解剖で脊椎も損傷しており大量に出血したことが分かっています。
警視庁は遺体の状況から何者かが山本さんを狙って銃撃した可能性が高いとみて、現場で撮影された映像の解析をするなど捜査しているそうです。
お気の毒な事です。
合掌!

しかし、考えてみれば彼女は記者としての熱意、職務上の義務感などのよって突き動かされ、危険を承知でアレッポに入ったのでしょうが、今の状況で地元の事を詳細には知らない外国人記者がアレッポに行く事は無謀としか言えないのではないでしょうか。
死者に鞭打つつもりはありませんが、無茶です。
色々な見方はあるでしょうが、自国民に対して銃を向けるアサド政権のやり方は非人道的と言わざるを得ません。
勿論、アサド氏自身も政権側の人たちも自分らのやっている事が良いとは思っていないでしょうが、それでも自分たちの権益を守るにはこれしかないと非人道的を承知で自国民殺しをしているのだと思います。
とすれば、このシリア国内の現状を国外に映像付きで漏らす外国人ジャーナリストは反政府勢力以上に邪魔で早急に排除せねばならないバザードとして映るのではないでしょうか。
ですから、反政府勢力と同じ場所にいる外国人ジャーナリストを見つけたら、反政府勢力なんかより先にそちらを黙らせろ、生きて国外に出すな、これ以上、シリアの国内事情が外国に漏れないようにせよとなる訳です。
そんな状況の中でアレッポに入る事はやはり危険過ぎます。
 

8月下旬までお休み

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 7月30日(月)10時25分36秒
返信・引用
  オリンピックによる寝不足、猛暑による寝不足解消の為にしばらくの間、お休みします。
多分、8月下旬頃に再開?
 

ラマダンとオリンピック選手

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 7月24日(火)14時13分9秒
返信・引用
  以前にもカキコしたように、今年のラマダンは明日7月20日から30日間、つまり8月18日まで行われます。
ご存じの通り、一般のイスラム教徒はこの期間は日の出から日没までの間、断食(サウム)として、飲食を絶つことが義務付けられます。
従って日没から日の出までの間に一日分の食事を摂る事になります。

これが大問題になるのが、7月27日に開幕するロンドン五輪に参加するイスラム教国のトップアスリートたちです。
ロンドンの夏は日の出から日没までの時間が17時間もあり、選手にとっては特に過酷です。日没後のわずか7時間の間に世界級の選手が必要なだけの食事や水分を詰め込むのは「物理的に不可能」だと専門家も言っています。

これに対して、アラブ首長国連邦から参加する柔道のヘミード・ドリエ選手は大会期間中は宗教上の禁を破るつもりだと打ち明けています。私たちがどれほど罪深くても、アラーの神は慈悲に満ち、あわれみ深いと笑顔を見せています。
世界の強豪を相手に最大で6試合に出場するドリエ選手が、この義務に従って断食すれば、勝利の可能性は薄れます。そこで禁を破って通常通りの食事を続けることにしたそうです。「飲食せずに出場すれば気絶するかもしれない」「1試合でも負ける危険を冒すわけにはいかない」と言っています。

女性として初めてUAEから出場するウエートリフティングのカディジャ・ファヘド・モハメド選手は、断食を守らなければならないという思いと、勝ちたいという思いの間で揺れ動き、「私にとってはどちらも大事」「ラマダンがたまたま大会と重なって、どうしたら良いのか誰にも分からない」と悩んでいます。

英国代表でボートのモハメド・スビヒ選手はイスラム教指導者にも相談して、大会中は断食しないと決めた。その償いとして、父の出身国であるモロッコに1800人分の食料を援助し、断食は大会終了後に行うそうです。

それでもイスラム教指導者の中には、たとえ成績に影響が出ようとも、イスラム教徒の選手は断食を守らなければならないと説く見解もあるそうです。
一方でエジプトのように、大会に出場する選手は断食を免除されるとの宗教見解を出した国もあります。

このような混乱にロンドン五輪組織委員会は今年の大会とラマダンが重なったのは自分たちのせいではなく、日程を決めたのはIOCだと強調しています。
これに対してIOCでは大会にはあらゆる宗教や信条を持つ選手が集まる。宗教行事にどう対応するかは個々の選手次第だと平然としているそうです。
一方、オリンピック村の飲食施設は24時間営業して日中に断食する選手のために、水と栄養食品と果物の「断食明けセット」も提供するそうです。

結局のところ選手が断食をしようとしまいと、アラーの神は選手と共にある。一番大切なのは神を信じてベストを尽くし、勝っても負けても神に感謝することだと言う辺りが最も優等生的なコメントという事になります。
 

ロンドンヒースロー空港でオリンピック期間中にスト

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 7月20日(金)10時11分57秒
返信・引用
  CNNで下記のようなニュースを見つけました。
唯でもヒースロー空港については観戦客の大量入国をさばき切れるかどうか懸念する声が出ていたのにストライキの予定だとか。

英国の公務員でつくる労働組合のPCSは19日、ロンドン五輪開幕前日の26日に内務省職員のストを実施すると発表した。入管職員も含まれることから、五輪観戦客が到着するヒースロー空港では入国審査に長蛇の列ができる恐れもある。

労組によると、ストは人員削減や給与カット、サービス民営化をめぐる交渉の一環として実施する。ストに続いて27日から8月20日にかけ、超勤拒否などの順法闘争を展開。7月27日から8月12日までのオリンピックおよびパラリンピックの開催期間と重なることから、観戦客の入国手続きに引き続き影響が出かねない。

ストには内務省の国境管理局、パスポート発行当局、犯罪統計局などの職員が参加する予定。

これについてグリーン移民相は、「少数派の組合員による身勝手かつ無責任な決定」だと非難、「あと1週間足らずで世界中の注目が英国に集まり、兵士や警察官は五輪の成功のために休暇を返上して長時間労働に従事する。PCS指導部は恥を知るべきだ」と語った。

一方、PCSの幹部は「一連の削減によって職員は生活を支え切れなくなり、限界点に達している」と強調している。

これに対してヒースロー空港では入国審査待ちの行列解消に向け、退職者などを動員して担当職員の増員に努めていると発表した。
 

いじめによる自殺事件

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 7月20日(金)08時48分6秒
返信・引用
  滋賀県大津市の中学でいじめによると思われる男子生徒の自殺事件がありました。
学校、県教育委員会などの対応のあまりのひどさに人々の批判が集まっています。
教育関係者の対応のひどさだけでなく、自殺した生徒の父親が警察に被害届を提出しようとしたのに警察は3回もその被害届を受理せずに門前払いしたと伝えられています。
最近になって、この事件がマスコミに取り上げられ、人々の批判が集中するに従い、被害生徒の父親の刑事告訴を受けてと言う形で捜査に乗り出すというお粗末さです。
教育委員会のお歴々も人々の批判の集中砲火を浴びて仕方なくいじめの存在を認めましたが、自殺といじめの因果関係についてはまだグダグダと言い訳がましい態度をとっています。

タケチャンマンが特に許し難いと感じているのは教育委員会のお歴々や校長先生を初めとした学校関係者が揃って「自殺するほどひどいいじめがあったという認識はなかった」と主張している事です。
彼らの言いぶんでは「気がつかなかったのだから対応なんてしなくて当然」「もし気づいていたら当然対応処置はとっていただろうに」「この事件は我々にとっては不可抗力と言っても良い事件だ」とでも言うのでしょう。

しかし、タケチャンマンは考えます。
今の世の中に限らず昔から学校にはいじめはつきものでした。ですから、教師を初めとした学校関係者は常に校内にいじめやそれに類する芽がないか、眼を皿のようにして注意しておく義務があると思います。
ちょっと酷な言い方かも知れませんが、その義務を充分に果たさずに、結果として見逃したという事は教師として落第だった、本当は気付いていながら意識的に見て見ぬふりをしたと解釈されても仕方がないと思います。

滋賀県だけでなく、全国の学校関係者にこの事件を他山の石として猛省を促したいと思います。
 

ラマダン

 投稿者:タケチャンマン  投稿日:2012年 7月19日(木)10時10分20秒
返信・引用
  以前にもカキコしたと思いますが、今年のラマダンは明日7月20日から30日間、つまり8月18日まで行われます。
ご存じの通り、一般のイスラム教徒はこの期間は日の出から日没までの間、断食(サウム)として、飲食を絶つことが義務付けられます。
従って日没から日の出までの間に一日分の食事を摂る事になります。
この食事は普段よりも水分を多くした大麦粥であったり、ヤギのミルクを飲んだりが普通のようです。
また旅行者や重労働者、妊婦・産婦・病人、乳幼児など合理的な事情のある場合は断食を免除されるなど、断食の適用範囲にはある程度の柔軟性と幅を持っています。
更に異教徒に対して断食を強制する事もありませんが、たとえ異教徒であっても、あまり人目の多いところでの日中の飲食は遠慮するなどの配慮が必要とされます。
 

レンタル掲示板
/70