teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最初は小2で吉田満

 投稿者:粗野誉  投稿日:2018年10月17日(水)00時25分17秒
  私は文字や写真をカタチにできる楽しさから模型をやっているので、そこを供給者側がテキトーに済ましているとなれば何とも興ざめです。
たとえばPitの亜鉛メッキ説などは片手落ちとも思えますが、メーカーにはある種そういう純真な熱意を期待したいです。

島風は強度確保処理なしで正解だったんですね。艦首側のシアー線と強度確保処理の線の接続が見えてこず、公試の写真を眺めて首を捻っていました。
なるほど丙型駆逐艦では船体の基本形が更新されたわけで、ここもその一環でしょうね。
ご教授ありがとうございました。
 
 

たぶん要訂正

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年10月16日(火)06時15分33秒
  粗野誉さんこんばんは。
文字情報を図面に落とし込むにはある程度の予備知識・経験・3D感覚が必要で、知っている人が誰でも図面にできるわけでもないから出回りにくいのでしょう。一昔前には、商品写真を見る限り明らかに他社製品のレジンキット(つまりそれを型取りしたもの)というのもありましたが、拙著の陸軍輸送船の砲座などはほとんど原図のないものを私の裁量で描いたオリジナルなので、勝手に商品化したら私に言わせりゃ同様の海賊版ですわな。

「島風」のガンネルの件ですが、古い作図資料には丸みと取れるものもあるのですが、どうやらキャンバーと解釈するのが正しいようです。実艦写真や横断面図で確認を取れていないのですが、さしあたりは駆逐艦本の手描き図面は無視してガンネルの丸みはなしとしておいていただければ。
 

強度確保処理すらない図面が手元に……

 投稿者:粗野誉  投稿日:2018年10月15日(月)00時52分5秒
編集済
  こんばんは。図面が飛び付かれやすいのは多分にビジュアル性のためだろうなと思いました。戦記関連の内容は戦艦でも模型に反映されにくいと感じます。
先日好みで旧版の島風を購入しました。ビジュアルガイドを読み直したのですが、艦首楼の形状については艦首に「ナックルがあり」、「波除付近で終わっている」という解釈で正しいのでしょうか?
本が分かりにくいというより私が船体形状に着目し始めたのがかなり最近であるための疑問です。
宜しくお願いします。
 

線路も危うい

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年 9月30日(日)04時57分48秒
  たかやまさんこんばんは。
 うちはどちらかと言えば数で勝負なので、展示数が限られるほど参加しづらくなるのも悩みです。新東名や新名神で道路事情は随分よくなっていますが、もう仕事以外でうちの模型が大阪以東に出ることはないかも。
 再び山陽本線で土砂崩れの情報が入っておりますが、今回も台風の影響は関西の方が大きくなりそうで。お互い気を付けましょう。
 

カートレイン待望論?

 投稿者:たかやま  投稿日:2018年 9月29日(土)21時36分4秒
  こんばんは。
地方から東京の展示会となると作品の持込が
一番の悩みの種ですよね。
少しだけなら新幹線でなんとかなりますが
ある程度まとまると船便があれば、なんとかですが。
自動運転で高速道路が移動できるようになれば、
気軽になるかも?

また大型の台風が近づいていますのでご用心を
 

おのぼりさんの限界

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年 9月25日(火)03時24分32秒
  菅野さんこんばんは。
 例の物件のことは使った時にあらためて管理人ページでも紹介させていただきます。ありがとうございました。東京に行くだけならヒコーキで1時間半で、静岡より楽なぐらいなんですけどね。展示となると大変です。大阪のこともしばらく頭を冷やさないと考えられないなあ。
 

遠路はるばる

 投稿者:菅野  投稿日:2018年 9月25日(火)03時08分27秒
  こんばんは。
管理人様、先日の艦船模型合同展、お疲れさまでございました。
関東で管理人様の作品を拝見出来たので良かったです。が、岩国~東京間をほぼノンストップ運転というのはやはり無茶し過ぎかと思います。お体、ご自愛下さい。
またお会い出来る機会があれば、よろしくお願い致します。
 

ありがとうございます

 投稿者:KONY  投稿日:2018年 9月21日(金)07時16分45秒
  御回答ありがとうございます。戦前船舶や日本軍艦史稿・大和ミュージアムそして兵庫の塚本氏から結構な数の資料が集まりましたが線図だけは入っていないという不思議な現象です。線図は戦後の造船所が利用する為に外部には出さなかったという話をどこかで聞いた記憶があります。先日の愛国丸の調査で造船所が図面一期保管していたとNHKの番組でありましたが線図や船体寸法表はありましたでしょうか。ちょっと気になりました。大阪でお会いした時に日本軍艦史稿が積み上げると添付の図面も含み1m近くの高さになるとご説明しましたがそれでも資料が無い無いの状態が続いて天を仰ぐ次第です。海洋堂の日章丸もデフォルメ多用で精悍さが失われておもちゃになってしまいとても残念でしたしきちんとした資料があればあこまでおかしなことにはならなかったのではと邪推しています。造船所に直接聞くしかないのかなと考えています。ありがとうございました。  

CGは難しそう

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2018年 9月21日(金)00時27分13秒
  KONYさんこんばんは。
私は根が筆不精なので、ここ数年来うちのサイトと掲示板以外に書き込んだことはありません。ツイッターとか絶対無理ですね。
船体形状は「写真と見比べて不自然ではない」ようにする感覚で、作例全体のバランスからしてむしろこだわりすぎないようにしているのが正直のところです。船体線図自体滅多に出てこないのでは。

私が作図に使ったのはいずれも一般艤装図で、
川崎型・・・戦前船舶15号
1TL・・・戦前船舶32号 戦時造船史(ごく簡単な略図)
2TL・・・「さばん丸」青図 戦時造船史(ごく簡単な略図)

青図は古書店に出回ることがありますが、狙って当てるのはまず無理でしょう。あとは古典的発想ですが、「世界の艦船」や昔あった「船の科学」のバックナンバーをあたるぐらいしか考えつかないです。
 

1TL,2TL,川崎型の線図

 投稿者:KONY  投稿日:2018年 9月20日(木)18時48分19秒
  お久しぶりになります。質問になります。メールで質問をしたかったのですがこの掲示板を見つけ時間も無い為お許しください。
訳あって1TL,2TL,川崎型の線図を探しています。わざわざ5ちゃんねるで1TL,川崎型の線図の違いを開設する人物がいましたがまさか岩重様だとは考えておりませんが情報がある以上どこかにこれらの線図(Sheer,Body,Half Breadth)があるかと思いますが入手方法はありますでしょうか。一般配置図では艦首・艦尾のラインがどうしても汚くなり3Dモデル構築の足かせになっています。
 

レンタル掲示板
/121