teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


足が物を言った時代

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2021年 9月27日(月)04時39分6秒
  長主正也さんこんばんは。
 私は大河の方はさっぱりで、たしか今年の作曲家が同い年ぐらいのことしか知らないのですが、まあとにかく渋沢は業績の多い人なので。
 時間があるなら拙著より「船の科学」がおすすめです。確か海事図書館に行ったのは本多戦標船台帳の掲載回を調べるためで、その足で発行元の船舶技術協会に直接行って購入したような記憶があります。
 
 

美しい船体ライン

 投稿者:長主 正也  投稿日:2021年 9月26日(日)21時42分32秒
  こんばんは
阿波丸クラスと従姉妹?の三隻が一応完成したので、上げさせて頂きます。
連休中は工作に没頭して一週間で形になりました。
写真手前から阿波丸、安芸丸、三池丸です。
次回作にと思いながら浅間丸についてビジュアルガイド2の記事を読んでいたところ、大河ドラマの主人公渋沢栄一が登場しましたが、さすがにドラマでは触れないエピソードになるんでしょうね。
 

お礼

 投稿者:長主 正也  投稿日:2021年 9月20日(月)16時44分3秒
編集済
  管理人様、戸田S.源五郎様
貴重な情報をご教示頂き、有難うございます。
阿波丸、安芸丸については戦時輸送船ビジュアルガイドを参考に作成していますが、三池丸についても船の科学の記事にて側面図を見る事が出来るので、これを参考にさせて頂きます。
改めてお礼申し上げます。
 

隔世

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2021年 9月20日(月)00時57分48秒
  戸田S.源五郎さんこんばんは。
 情報ありがとうございます。私は兵頭氏自身の連載(貨客船百花繚乱)とばかり思っていました。内容は記憶とかなり違いますが、想像図は見た記憶があるのでたぶんこれでしょう。他の記事と記憶が混ざっているかもしれません。
 それにしても「船の科学」が完全オープンとは凄い時代になりました。20年前に海事図書館で宝の山を前に1時間で帰らなければならず地団太を踏んだ思いが嘘のようです。
 

船の科学

 投稿者:戸田S.源五郎  投稿日:2021年 9月19日(日)17時57分7秒
  管理人様
今村清氏(挿絵:兵頭喜明氏)の「N.Y.K.LINEの三池丸・安芸丸・阿波丸」で船の科学Vol.45 1992-6 ~Vol.45 1992-8の3回に分けて掲載されたものでしょう。「デジタル造船資料館」で閲覧できます。

http://tokusetsukansen.jpn.org/

 

松は・・?

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2021年 9月19日(日)02時33分36秒
  TKさん たかやまさん 長主正也さんこんばんは。

TK殿
 NIKOもそうですが、陸軍輸送船の砲座とか写真も図面もないのを適当に線を引いたと書いているのに、黙って丸パクリして自分の商売に使うのはいかがなものかと、関係者と突っ込んだ措置の話とかしたものですが、その後フジミもやらかしたので、いい加減頭にきてMGでまずキットに一切触れずに実質これでもかとコキおろす記事を書いた次第。
 昔ながらの手作業のレジンメーカーは再生産といっても数個とかのこともあるはずなので、あてにはなりません。今はトランペッターが「ザラ」級の700を出すのを待つのが現実的では。

たかやま殿
 結局中止ですか。いけませんね。軽々しく半年延期みたいなことも言えないし。すでに1年が短く感じるお年頃なのが不幸中の幸いとしておきますか。
 「蕨」とはまたマイナーな。記事を書く方も艦種に聞き覚えがある程度の感覚なのでは。

長主正也殿
 「阿波丸」の記事は兵頭喜明という研究家のもので、「船の科学」だったと記憶していたのですが見つかりません。公式図は「戦前船舶」15号に掲載。「阿波丸撃沈」という本(上田さんの表紙イラスト)にも載っているかもしれません。
 

見たくないものは載せない

 投稿者:長主 正也  投稿日:2021年 9月18日(土)22時30分42秒
  こんばんは
阿波丸クラスを作るにあたり、いつものONIを検索したところ、なんと掲載されていないんですね。
三池丸は船名記載はあるものの概要のみ、阿波丸安芸丸に至っては船名すら未記載。1,000tクラスの小型船舶も記載している割には不可解ですね。
これはやはりあの事件に関係あるのでしょうか?米国からすれば存在自体消し去りたいのでしょうか、と要らぬ勘ぐりをしてしまいました。
 

私、待つわ。いつまでも待つわ

 投稿者:たかやま  投稿日:2021年 9月18日(土)20時53分23秒
  こんばんは。

13日の朝日新聞夕刊で「語り始めた駆逐艦」と題して、
美保関沖事件で沈んだ「蕨」の船体発見の記事が載っていました。
大型艦の発見は記事になっても小型艦は・・・・・・
と思っていたのでちょっと驚きました。

艦船模型合同展示会が中止になり、残念ですが、
状況を考えると仕方がないと思います。
やはりコロナ前と同じようになるまでは、
あと2・3年は必要みたいですね。
 

大変失礼しました!

 投稿者:TK  投稿日:2021年 9月18日(土)03時29分57秒
  管理人様、こんばんは。

無断使用メーカーですか、それは失礼しました。すみません!


再生産つながりで、気になっていることを書かせていただければ、アクィラ、ジュッサーノ、カドルナ、ガリバルディが数年前から欲しくて、ちびちび積み立てつつ再生産を待っていますが、デルフィスモデル・レジアマリーナとも気配がない…。


デルフィスは去年の5月頃かメールしたところ、「今年(2020)の夏には何か行動したいのだが」と言っていて、今年は新型フリゲートをラインナップしたりしていますし、レジアマリーナもメールにはすぐ返事が来たので、会社として動いてはいるのでしょうが、カタログのほとんどが穴あきでどうやってしのいでいるのか…?少しでも再生産しないと、売るものがないように見えるのですが。


コロナが収まるのにあと数年とか聞きますし、その後の景気回復まで考えると、メーカーがそれまで持ってくれるよう祈る気持ちです。


それでは、失礼します。

フロッグフットの件、改めて失礼いたしました!


 

通過後

 投稿者:iwashige(管理人)  投稿日:2021年 9月18日(土)02時28分53秒
  TKさんこんばんは。
 こちらは夕方から4時間ほどで100mm降りましたが、日付が変わるころにはコオロギが鳴いていました。南の方が大変のようですね。
 史実で考えると、新しい塗装パターンでは国籍表示の日の丸が小さくなるので試運転写真の状態で就航したのではと思いますが、どのみちフィクションならこだわらなくてもいいのでは。以前どこかで「阿波丸」が計画通り就航したらどのように塗装するかという図面比較の記事を見たことがあります。
 フロッグフットは「戦時輸送船ビジュアルガイド」の図面を無断使用した商品を多数出して問題になったメーカーで、拙稿では絶対に扱いません。舷窓を入れないのは手作業レジンキャストでは型がうまくとれないからだと思うのですが、作る側としては一番やりたくない工作の一つではあります。
 

レンタル掲示板
/144