teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第20週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 9月29日(土)11時19分24秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第20週、9月23日は4試合が行われました。

 青松園Bのソルトベイスターズ対三苫三球会戦は、ソルトベイスターズの集まりの悪さを尻目に、準備万端の三球会が初回から堺太一選手のHRなどで先制すると、攻撃の手を緩めず四回ながら毎回の11安打11得点。投げては三球会池上投手が被安打1、9奪三振、三塁を踏ませず完封勝利。

 青松園Aのブルーマーリンズ対奈多クラブ戦は、二回裏奈多クラブ今林辰也監督が自ら三塁打のチーム初安打を放つと続く今林賢人選手のHRで先制し波に乗ると五番安河内選手の2HRなど8安打9得点の0-9でコールド勝ち。ブルーマーリンズは四回表の無死満塁のチャンスを活かしきれなかった。

 雁レク軟式4の塩浜ジャガーズ対雁の巣ライナーズ戦は、ジャガーズ道喜投手の緩急に手こずるも、二回裏に同点に追いつくと四番宇野選手のHRなど12安打12得点。ライナーズ有馬投手も二回に2点を失うもしっかり立て直し2-12でライナーズの勝利。

 奈多グラウンドの奈多サンデーズ対新町ウインズ戦は、相手バッテリーミスで2点リードのサンデーズだが、三回裏に逆転を許す。同点で迎えた最終七回表、サンデーズ監督の二番田中選手の弾丸HRで勝負あり。サンデーズ古賀投手、ウインズ藤田投手が緊張感のある投げ合いもを演じた。


 幾分涼しくなった早朝ですが、まだまだ熱い試合が繰り広げられます。

好調の選手も巻き返しを狙う選手も、しっかり準備して早起きしましょう!
 
 

記録更新について

 投稿者:記録部早田  投稿日:2018年 9月28日(金)22時12分29秒
  WSLの皆様、お疲れ様です!
毎年の事ですが、
今シーズンの記録更新(9月23日まで)を最後にさせていただきます。
表彰式をお楽しみに!
 

第19週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 9月22日(土)10時30分35秒
編集済
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第19週、9月16日は4試合が行われました。

 奈多グラウンドの和白新町パイレーツ対奈多フェニックス戦は、1点は失ったもののフェニックス今林勇太投手が2安打に抑えれば、三番能丸選手が単打、HR、三塁打を放ち3打点。相手のミスにも乗じて終始フェニックスペースで進み、1-6でフェニックスの勝利。

 雁レク3のレッドサンデーズ対三苫ホーネッツ戦は、レッド塚本投手、ホーネッツ川原投手の好投でなかなか均衡が破れない。五回裏ホーネッツが新人只松選手のタイムリーで先制しレッド古賀選手のタイムリーで追いつく展開。しかし疲れが見えた塚本投手の四球とバント処理ミスにつけ込んで三連打を集め、1-5でホーネッツの勝利。レッドは試合前の準備の段階から人数問題でバタつき、とても試合に臨む体制ではなかった。

 青松園Bの三苫フレンズ対奈多クラブ戦は、四球を足がかりに4点を挙げたフレンズ。特に生野父子の活躍が目立った。父・生野猛選手は三塁打、二塁打を放ち、息子の拓磨選手は先制打を含む2安打。投げてはフレンズ山口投手が4安打されるも五回まで二塁を踏ませず、結局4-0と昨年覇者を完封。奈多クラブは連敗で優勝戦線から後退。

 青松園Aの三苫三球会対三友クラブ戦は、初回ベテラン堺和彦選手の2点タイムリーで先制するも、四回裏三友クラブは、好投手の池上投手から四球を足がかりに四番中内選手の同点タイムリーとWPで逆転。毎回2三振を取られていたが、ここしかないチャンスをしっかりモノにした三友クラブは、足達投手の粘りの投球もあり、2-3で逆転勝利。

 優勝争いも三苫ホーネッツと三苫フレンズに絞られたようです。

他チームも順位を一つでも上げるように、個人成績も上げるように、ラストスパートを!
 

第19週HPアップについて

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 9月18日(火)06時25分28秒
  WSLの皆さん、オハヨウゴザイマス。

第19週、9月16日分は編集部長・八島が夏休みを頂くため、毎週水曜日アップのところを本日火曜日にアップしております。
各審判チームに連絡していたのですが、雁の巣ライナーズからの記事&写真が届いておらず、掲載が間に合いませんでした。
編集作業が出来ないため、最新のアップは9月22日(金)になります。
楽しみにされている方々、ごめんなさい。

写真が重たく、送信したとしても届かない場合がありますので、1枚当たり1メガ程度に落としていただくか、小分けに送って下さい。
 

第18週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 9月 8日(土)11時20分39秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第18週、9月2にちは前日の雨の影響でグラウンド状態が悪く3試合が中止。

 青松園Aの塩浜ジャガーズ対三苫ホーネッツ戦は、無安打で先制したジャガーズではあったが、ホーネッツの猛打が大爆発。HR6本、三塁打1本、二塁打6本など計26安打30得点を挙げた。ジャガーズも8安打と奮闘はしたものの、失点が大きすぎた。

 10試合を消化するチームもあり、今年は比較的順調に試合を消化している中での3試合中止は痛かった。

 天気は良かっただけにグラウンド状態が恨めしい。

 9時からは壮年ソフト東区大会が行われ、奈多サンデーズを中心とした奈多団地チームが見事優勝した。

 9月8日は、運営会議後に毎年恒例の「Go!Do!飲み会」。総勢27名が参加予定。残りのシーズンに向けた有意義な交流が出来たらと思います。

 WSLの皆さんも、残りの試合顔晴りましょう!

 

第17週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 9月 1日(土)18時03分42秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第17週、8月26日は4試合が行われました。

 青松園Aのレッドサンデーズ対ソルトベイスターズ戦は、初回からソルトベイスターズのミスによる点が入り、終始レッドペースで進んでいく。レッド二番近藤選手がバント安打、やポテンヒットでも二塁を陥れるなど走力を見せ、主軸のタイムリーにつなげ10-1の勝利。ソルトは主力選手の遅刻で相手にキャッチャー道具を借りるなど、試合前から勝負に負けていた感が否めない。

 雁レク5の塩浜ジャガーズ対三苫三球会戦は、お互い塁を賑わせるスリリングなシーソーゲーム。ジャガーズ道喜右翼手の活躍抜きでは語れないこの一戦。守備での活躍もあるが、最終回の勝ち越しホームを踏むなど5-4でジャガーズの勝利。

 奈多グラウンドの雁の巣ライナーズ対新町ウインズ戦は、こちらも1点を争うスリリングなシーソーゲーム。ウインズ一番泉選手の2HRなどで4点を挙げ、安打数で上回るライナーズ打線を3点に抑え3-4でウインズが逆転勝利。この日無安打に終わったウインズ四番桐島選手だが、最終回同点のランナーをホームで刺すなどその強肩で試合を閉めた。

 青松園Aの和白新町パイレーツ対奈多クラブ戦は、衝撃な展開となった。2年連続優勝で今年も優勝戦線のトップにいる奈多クラブがまさかの14失点。特にメンバーが揃っていないというわけでもなかったが、それ以上にパイレーツ打線が今林瑠生投手から11安打。三回終わって2-1だったが四回表にパイレーツ二番八坂選手の満塁HRを含む7安打11点。まさかの伏兵に足をすくわれた奈多クラブだが、これで今年のリーグ戦も面白くなった。


 8月も終わり少しずつ日も短くなってきたが、まだまだ暑い日が続きます。

残暑を吹っ飛ばすためにも、毎年恒例の「Go!Do!飲み会」で各チーム交流を交わして、後半戦に臨んでいただきたいと思います。

 9月8日(土)19時~運営会議@三苫公民館

 終了後、お迎えのバスで三苫駅経由で「鶴の風」に向かいます。
     バスに乗らない方は19:15に現地集合です。

 鶴の風 粕屋郡新宮町大字新宮231-4
     092-941-5775

 会費 一人4000円

各チームの参加者名をHP左上の「編集部長へメール」からお知らせください。
第1次締め切りを9月3日(月)とします。

 
 

HPアップ遅れのお詫び

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 8月30日(木)06時48分31秒
  WSLの皆さん、オハヨウゴザイマス。

第17週のUPが遅れて申し訳ありません。
1チーム記事と写真が水曜日になっても送られてきませんでした。
今後遅れが無いように、各チーム宜しくお願いします。
私もほぼ徹夜での作業ですので・・・。
 

第16週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 8月26日(日)20時49分57秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第16週、8月19日は4試合が行われました。

 奈多グラウンドの三苫ホーネッツ対三友クラブ戦は、三友クラブを苦手にしているホーネッツは4点先制してもすぐに4点取られる親な展開だったが、この日は二回以降も点を重ねたホーネッツ。一方三友クラブはランナーを出すも無得点に抑えられ10-4でホーネッツの勝利。きもんの三友クラブを撃破した。

 青松園Bのレッドサンデーズ対三苫三球会戦は、先制したレッドサンデーズが次の1点を取るのに攻めあぐねている間に三球会は三回裏に渡辺選手の三塁打から同点、六回裏には同級生の堺達也選手のピッチャー強襲打から逆転した。投げては16奪三振の池上投手が追加点を許さず1-3で三球会の勝利。

 青松園Aの三苫フレンズ対奈多サンデーズ戦は、二回裏にサンデーズ近藤選手のヒットがレフトエラーを誘い3点リードする。しかしフレンズは四回に1点、五回に2点を取り追いつく。残り3分となってサンデーズは引き分けよりはフレンズ山口投手との決着を望んだ。1点を失ったが、二死二三塁で一打サヨナラのチャンスを作ったが、フレンズが4-3で逆転勝利。サンデーズ砂場投手はここで投げ勝てば自信になっていたかもしれない。

 雁レク4のブルーマーリンズ対奈多フェニックス戦は、四回を終わって3-3。五回のピンチを凌いだフェニックス太田投手に対し、ブルーマーリンズ佐藤投手は四球、内野安打、失策等で3失点で万事休す。3-6でフェニックス勝利。ブルーマーリンズは初勝利のチャンスがあったが、次回に持越しとなった。

 まだまだ熱い早朝ですが、どこも熱い戦いが繰り広げられています。

この調子で後半戦も盛り上がっていきましょう!
 
 

第15週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 8月12日(日)23時40分20秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第15週、8月5日は4試合が行われました。

 青松園Bの塩浜ジャガーズ対ソルトベイスターズ戦は、ジャガーズ久保田投手の制球が定まらないうちに先制したソルトだが、久保田投手のHRからジャガーズペースへ。しかし打力に勝るソルトが4点取られても4点取り返すと、五回表の無死満塁のピンチを無失点で切り抜けると点差を広げ5-12Xで勝利。人員不足に陥っていたソルト。この試合は戦力十分で今季3勝目を挙げた。

 奈多グラウンドの三友クラブ対奈多サンデーズ戦は、いまだ勝利の無い三友クラブだが、二番尾澤選手のHRなどで3点を先制すると、三友クラブ矢野投手がサンデーズ打線を2安打2失点に抑え3-2で三友クラブの勝利。

 雁レク7の和白新町パイレーツ対新町ウインズ戦は、2-2の同点で迎えた五回裏、ウインズが四球からHRを放っている一番吉浦選手の左前安打にエラーが絡み勝ち越し。投げては一回からリリーフした藤田投手の剛球が冴え渡り、2-4でウインズが連敗を3で止めた。

 青松園Aの雁の巣ライナーズ対奈多クラブ戦は、エース不在の雁の巣ライナーズを昨年優勝の奈多クラブ打線が圧倒。二回裏、相手今林貢投手の四死球とエラーに付け込み5点。奈多クラブ今林瑠生投手は最終回二死から安打を打たれるも堂々の零封。0-8で奈多クラブの勝利。

 お盆休みを経て、後半戦に突入するWSLはまだまだ熱い戦いが繰り広げられる。
 
 

第14週編集後記

 投稿者:編集部長・レッドサンデーズ八島  投稿日:2018年 8月 4日(土)22時18分40秒
  WSLの皆さん、コンニチハ!

第14週、7月29日は4試合が行われました。

 奈多グラウンドの三苫フレンズ対ブルーマーリンズ戦は、二回で3点を挙げたフレンズ。先発山口投手にはこれで十分なピッチングを披露。六回裏代った太田投手を攻めて2点を挙げたブルーマーリンズだったが、やはり力の差を見せたフレンズが6-2で1敗を守った。今年もブルーマーリンズは1勝が遠いか?

 青松園Bの雁の巣ライナーズ対奈多フェニックス戦は、2点ビハインドの五回表ライナーズ打線が火を噴き、粘りのフェニックス太田投手から5点を奪い逆転。その後1点差まで追いつかれるもチーム全員で守り切り5-4でライナーズの勝利。フェニックスは太田投手に続くリリーフ不在が響いた。

 雁レク7のソルトベイスターズ対新町ウインズ戦は、いきなり5点をリードしたソルトベイスターズの一方的な試合かと思われたが、ウインズの反撃が始まるも一度もリードを許さなかったソルトベイスターズが9-8で逃げ切った。両チーム系23安打の乱打戦は、ソルト三番井浦選手の3安打2HR、四番野口選手の3安打1HRなど主軸の活躍が光った。ウインズは痛い連敗。

 青松園Aの三苫ホーネッツ対三苫三球会戦は、強風の中壮絶な投手戦。両チーム計4安打の試合は五、六回にランナー三塁のピンチを凌いだ三球会池上投手の好投に三球会打線がきっちり機動力を使った戦術で1点を取り0-1で三球会の勝利。三球会は奈多クラブ、ホーネッツの2強に勝利し、今年のWSLを盛り上げてくれる。

 8月5日から第100回夏の甲子園大会が始まります。

7月から猛暑が続き、選手だけでなく、応援席や運営側の健康状態も懸念されていますが、球児の皆さんには悔いが残らないよう全力のプレーを期待したいですね。

WSLも例年以上に熱い早朝ですが、体調管理をきちんとして、全力プレーができるように準備しましょう。


9月8日は毎年恒例のGo!Do!飲み会です。
三苫地区での会場探しに手間取っていますが、場所が決まり次第お知らせします。
どうぞ奮って参加お願いします。

 

レンタル掲示板
/60